UberEatsは稼げない!絶対にやってはいけない【後悔します】

どうも!

笑ってトラベルの
なかじです。

コロナウィルスの影響で
自粛せざるを得なくなり、
なかなか大変なことになってしまいましたね。

在宅ワークだったり、
仕事が休みになったりして、
ずっと家にいる人もたくさんいると思います。

そんな中、
世間で一気に注目されたサービスがあります。

それは「UberEats」です。

利用された人もたくさん
いらっしゃるのではないでしょうか。

マックなどのチェーン店から
名のあるレストランの料理を
家まで運んでくれるサービスです。

家でも外食ができるのが嬉しいですよね。

UberEatsの配達員もきっと
忙しかったに違いありません。

そんなUberEatsの配達員は
今仕事として注目を浴びています。

好きな時間に好きなだけ働けるし、
人間関係もない。

自由に働ける仕事なので
副業にもぴったりの仕事だと
いろんなところで言われています。

しかしそれは大間違いです。

僕は絶対におすすめしません!

もしUberEatsの配達員を
始めようと考えているのなら、
即刻改めてください。

UberEatsの配達員は稼げない仕事です。

というわけで今回は、
UberEatsの配達員が
稼げない理由をご説明いたします。

肉体労働だから

UberEatsの配達員をやり
続けてはいけない理由は、
この仕事が肉体労働だからです。

いくら自由がある新しい仕事
だと言われていても、
肉体労働である以上本質は
僕がやっていたドカタと変わりはありません。

しかも、ブーストやクエストと
いった時間帯や場所に応じた
ボーナスを駆使しても時給で考えれば
どう頑張っても2,000円前後しか稼げません。

つまり1日8時間フルで
働いて16,000円です。

1ヶ月間毎日休みなく
働いたとして月収48万円になる計算ですね。

数字だけ見れば「稼げる」と
思われるかもしれません。

しかしこの金額はあくまで最大値です。

休みなくフルで働くということは、
雨の日も風の日も関係なく働くという意味です。

土日も関係なく、
毎日8時間365日働いて
稼げるのがこの金額になります。

しかも日によって仕事量に差がでます。

毎日8時間ずっと切れ目なく
仕事が入ってくるわけではありません。

エリアや天候、時間帯に左右されるので
収入が安定しないのが現状です。

これを踏まえると平均的には
時給1,000円前後です。

これではバイトと変わりありませんよね。

UberEatsの配達員は手軽に
自由に稼げるという人がいますが、
まったく手軽に稼げるものではありません。

このような仕事を10年も
20年も続けるのは得策とは言えないですね。

僕は絶対におすすめしません。

副業で見てもおすすめしない

UberEatsの配達員は
副業でもおすすめしません。

この仕事はとにかく時間効率が悪いのです。

根本的に配達という
作業をこなさなければならず、
作業をしていなければ1円も
稼ぐことができないからです。

あなたが本業でサラリーマンを
やっているならば、
UberEatsの配達員として働くとすれば、
休みの日に副業で働くことになりますよね。

時間は自分の好きなだけ
働けるので副業にはちょうどいい・・・と
思われるかもしれませんが、
結局バイトしているのと同じです。

仮にあなたが土日の二日間、
1日三時間働いたとしても3,000円前後です。

1週間に6,000円、
1ヶ月で30,000円ほどという計算ですね。

小遣い分くらいにしかなりません。

しかも自転車やバイクで
動いているだけです。
「運動のついで」として
ならいいかもしれません。

でも副業として考えれば、
ただ動いているだけなので
基本的に何も学べません。

単純に、、
成長しないんですよね。

ブログやYouTubeなどの
ネットビジネスであれば、
webマーケの知識が学べます。

あなたのコンテンツを
見る人が増えれば
増えるほど何もしなくても
収入を得ることができます。

コンテンツを増やさせれば
収入が増えるしあなた自身も成長します。

結局は積み上げです。

スキルを積み上げるから、
仕事の単価が上がったり、
出世したりします。

20代よりも、
30代のほうが給料が
高いのは20代よりも
仕事ができるからです。

でも、UverEatsは
どうでしょうか。

誰でもできますよね?

20代と30代
で差はほとんどありません。

体力面で
20代のほうが運べるものの
量は若干多いかもしれませんが、、

UberEatsの配達員は
働いている時間に
対しての効率が
非常に悪い仕事なのです。

やってもやらなくても
未来が変わらない仕事なんです。

UberEatsの配達員を
副業でやるくらいなら他の副業を
しましょう。

将来的に
あなたに役立つ
副業をしましょう。

将来性がない

UberEatsの配達員は
将来必ず稼げなくなります。

将来性が全くないからです。

・体調不良になると働けない
・配達エリアが限られる
・配達員が増えている

この3つの理由から、
僕はUberEatsの配達員に
将来性はありません。

体調不良になると動けない

UberEatsの配達員は肉体労働です。

身体が資本になるので体調が
崩れたり怪我をしてしまえば
働けなくなり収入が無くなります。

なので、事故などで怪我を負い、
自転車やバイクの運転ができなければ
収入はゼロです。

2019年10月から対人・対物賠償責任保険と
傷害補償制度は用意されたので、
業務上の事故に関しては保険が使えるようです。

でも、個人事業主なので
自分の怪我に対しての保険は
自分で用意しなければいけません。

そのようなリスクもあります。

そして、怪我や事故の
リスクもそうですが、
肉体労働は歳を取れば
パフォーマンスが落ちていきます。

あなたがその仕事を
ずっと続けたくても、
10年、20年と経つほどに体力が
落ちるので気力も少しずつ弱くなっていきます。

やることは変わらないのに
ただただしんどくて仕事量が
減る可能性は極めて高いでしょう。

そんな仕事をいつまで
続けるべきだと思いますか?

配達エリアが限られるから

UberEatsは配達エリアが限られています。

これが将来的に稼げない理由のひとつです。

エリアによって状況が
かなり変わってしまうからです。

最近では、失礼ですがマイナーな
富山県でもサービスを開始しています。

今後他の都道府県でもサービスが
開始され拡大傾向にあると思います。

しかし、たとえエリアが増えたとしても、
自転車もしくはバイクで
行ける距離には限界があります。

さらに、お店の数も関わってくるので
お店が少ない地域だと仕事量に差が生じます。

現に都心部と地方では
仕事量によって単価がすでに違います。

地方によってはブーストなどの
ボーナスがない地域もあるそうなので、
UberEatsで稼ぐとなると、
地域によって稼げない地域があります。

地域によっては
どう頑張っても稼ぐのが難しい
地域が出てくるので、
将来性が無いと言えるのです。

配達員が増えている

UberEatsの配達員は
現状少しずつ増えています。

だから将来的に稼ぐことはできなくなります。

配達員が増えるということは、
いずれ仕事の奪い合いになるからです。

配達員の魅力は、、

  • 時間に縛られない
  • 人に縛られない
  • 自由な働き方ができる

ことだとアピールしている人が多いです。

新しいスタイルの仕事だと言う人もいます。

これに魅力を感じている人たちが参入しています。

雇用契約などめんどくさい手順を
取らなくても誰でもすぐ
できることも魅力なのでしょうね。

しかし、UberEatsは
配達員を評価するシステムがあります。

配達員は店側と
依頼者側の両方から評価されます。

この評価システムにより
配達員の優劣がつくので、
優秀な人に仕事が集中する
可能性が高くなるのです。

とはいっても、
結局は誰でもできる
仕事です。

誰でもできる仕事は
あなたでなくても
できます。

あなたにしか
できない仕事を
しましょう。

そうでないと、
日銭を稼いで
終わってしまいます。

あなたの代わりは
たくさんいます。

あなたには、
あなたにしかできない
仕事があるはずです。

それを見つけて、
それを極めてください。

UberEatsで稼いでいる人の正体

そして、、
実はUberEatsの配達員で
稼いでいる人は、
別の正体があります。

それはアフィリエイターです。

UberEatsの配達員が増えているのも、
このアフィリエイターの
存在が大きくかかわっています。

実はUberEatsの配達員には
紹介システムがあります。

アフィリエイターは
この招待コードを
ブログなどに貼り付けて
配達員への登録を促しています。

完全にアフィリエイトです。

たとえばあなたが、
ブログやTwitterから配達員を登録する際に、
そこに書いてある招待コードを
入力して登録したとしましょう。

その後、あなたが20回配達をすると
まずあなたに2万円支払われます。

しかし、招待コードを
所有している人にも紹介料として
3万円支払われるのです。

この金額は地域や条件によって
変わるそうですが、
どちらにしてもブログやTwitterの
投稿主にお金が入る仕組みです。

バイク、自転車のレンタルサービスをしたり、
情報共有できるようなチャットグループを
作成し運営している配達員向けのサービスを
ビジネスにしている人もいます。

結局、UberEatsで稼いでいる人は
ビジネスを絡めてやっているんです。

ぶっちゃけ配達員を続けているか
どうかも定かではありません。

配達員だけで頑張っていても
結局労働なので長い目で見ればジリ貧です。

それを利用してビジネスに
している人もいるのです。

ただ、アフィリエイトの
案件はドライバーの数が
増えたら停止される
可能性があります。

この方法も
いつまでも
稼げるわけではないのです。

このことを踏まえても、
10年後も20年後も
続けるべきだと思いますか?

追伸:

UberEatsの配達員は完全歩合制です。

自由に働くのもがっつり
働くのも個人の自由となります。

今後利用者の需要は増えてくるので
配達員も増えてきます。

手軽に始められるビジネスだからです。

ですが、どんなに頑張っても
収入は月収50万いくか
いかないかぐらいです。

だからおすすめはできないです。

これをやるくらいなら、
頑張ってブログ書いたりYouTubeで
動画を配信した方が
将来性がありますし稼げます。

断言します!

このメルマガを見ているあなたは
UberEatsの配達員では
満足しないと思っています。

その仕事の先に、
あなたの求めるものがあるのか。

稼ぎ方を間違えず、
しっかりと行動していきましょう。